オメガ3

セサミンとゴマグナリン

ゴマに含まれるセサミンという成分が話題となり、各社がこぞってセサミン配合のサプリメントを続々と発売しています。
セサミンには強い抗酸化作用があることが人気の理由ですが、これはゴマに含まれるゴマグリナンという成分が関係しています。
ここではほとんどの人があまり耳にしたことがないであろうゴマグナリンについて紹介しています。

まずゴマに含まれるセサミンが持つ抗酸化作用は、酸化を防止することからも、アンチエイジングなどの美容効果や細胞を活性化させる効果が期待できます。
セサミンの酸化防止効果は、同じくゴマに含まれている植物繊維の1種であるゴマグナリンが大きく関係しています。
脂質分を中心として、ゴマグナリンにはいろいろな物体の酸化を防ぐ効果があることが知られています。
これは大豆などに含まれる、同じく最近注目を集めているイソフラボンと同様に、女性ホルモンの働きをする成分の1種です。
ゴマグナリンを摂取することで、女性ホルモンのバランスを整える効果を期待できます。
ゴマグナリンは、女性ホルモンを整えるばかりではなく、人間の身体の酸化を防ぎ、アンチエイジング効果を高めます。
肝臓などあらゆる臓器に対して強く酸化を防止することは分かっています。
ゴマグナリンを積極的に摂取することにより、臓器を活発化させて美容効果だけではなく、健康になることができます。
身体の酸化を防ぐことは、老化を防止していつまでも美しくいられるだけでなく、身体の内部にも良い効果を与えます。
どんなに表面上がキレイでも、身体の内側が健康でなければ本当の美しさを醸し出すことはできません。
セサミンとゴマグリナンを多く含むサプリメント選んで摂取することで、美と健康の両方を得られることになります。

このように、ゴマグナリンとはセサミンの持つ強い抗酸化作用と深く関係していて、セサミンとゴマグナリンを両方意識的に摂取することにより、美容と健康の効果をより高めることが可能になります。